ジージャーさんの「出演映画」を日本で観たい !!





06/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31./08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[edit]

trackback: -- | comment: --
page top

「チョコレート・ガール バッド・アス!!」を観てきました。

Poster01.jpg
「チョコレート・ガール バッド・アス!!」を観てきました。
「チョコレート・ファイター」の公開から、3年半、やっと、劇場で次のジージャーさんの作品を観ることが出来ました。
タイの作品が劇場でかかるのは、「マッハ!弐」以来、タイ映画は、映画祭でかかっても、劇場で公開されることがなかっただけに、『未体験ゾーンの映画たち2013』と言う枠の中で、しかもタイトなスケジュールではありますが、劇場公開されたことを嬉しく思っています。
DVDのみではなく、スクリーンで観ることが出来て良かったです。
配給してくださった方、劇場公開をしてくださった方に感謝します。

この作品は、2010年に撮影され、2011年春にタイで公開された作品「Jukkaln」が元になっています。
タイの元の作品である「Jukkala」は、ジャンルとしては、コメディアクションで、しかもかなりコメディ色が強いものでした。
タイのコメディアンの方が総出演という感じだったようです。
インターナショナル版制作にあたって、物語をスッキリさせて、アクションシーンを追加したのが、「This Girl Is BAD ASS!!」、邦題「チョコレート・ガール バッド・アス!!」になります。

日本の宣伝では、、『タイ映画のコメディ要素はほとんど排除され、【ジージャー・ヤーニン】のアクションを大々的に取り上げた作品』とありますが、本作は、タイのアクションコメディ映画です。
宣伝をそのまま受け取ってアクション映画だと思って見に行くと、なんか違うという思いになるかもしれません。
 
アクションシーンは元のタイ版よりもかなり増えています。
コメディー部分も、ある程度刈り込まれていますが、そのまま残っています。

結構笑える作品になっていると思います。
タイのコメディ、好みがあるでしょうから、これはちょっとと思う方がいるかもしれません。
個人的には、吉本新喜劇を観るような感覚でみていました。
きっとタイの人にしか分からない部分もあると思うのですが、子どもでも素直に面白いと感じる作品になっていたと思います。
私は子どもと一緒に観ましたが、一緒になって笑ってみていました。

アクションのパートは、物語の流れに合ったアクションシーンだったと思います。
もし、アクションシーンがこれ以上多いと、物語とは関係なくアクションシーンが入っているような気がしてバランスが悪くなる気がしました。

この物語は、ジャッカレンという女の子の成長の話でもあると思います。
ジャッカレンは、人に愛されているのに、それを突っぱねるような女の子です。
トラブルに巻き込まれ、立ち向かう中で、人に愛されていることを知るのです。
だから、最後のシーンの変化が生きてくるのだと思っています。

できれば、スクリーンで楽しんでもらえるといいなぁと思います。
それと、オーストラリア版と日本公開版には違いがないように思いました。
関連記事

category: Jukkalan

[edit]

page top

« 「Jukkalan」と「チョコレート・ガール バッド・アス!!」のアクションシーン  |  ジージャーさん、出産おめでとう »

コメント

やはり、映画館で観るのはいいですね

 やはり、映画館で観るのはいいですよね。私はタイ版の「チャック・カ・レーン」をタイの映画館で観たわけではなく、DVDで観たわけでもなく、VCDだったのです。何が一番違うかって?画像のクオリティーではないですよ。スクリーン・サイズの縦横比が違うのです。早い話、画面の左右が切れているのです。ですので、劇場のスクリーンでジージャーが生き生きと暴れる姿は感激でしたね。
 私の周りではこの作品の評判が芳しくありませんが、どうもコメディー部分が嫌われているようで…。

nongbua #lWIfF8EY | URL | 2013/01/31 21:58 | edit

スクリーンで観られてよかった

コメント、ありがとうございます。
そうですね、映画はやはり映画館で観たいですね。

スクリーンで躍動するジージャーさんを観られて本当に良かったと思います。
私にとって、「チョコレート・ガール バッド・アス!!」は、とても楽しい作品でした。
ネットに上がる感想を見ても、コメディーパートに難色を示している人は少なくないようですね。
個人的には、何かもったいない気もしますが・・・。
素敵な女優さんなので、彼女のいきいきとした姿が見られたことがとても良かったです。

手元にオーストラリア版「This Girl Is BAD ASS!!」のDVDがあるので、日本でDVDが、いつ出るかわかりませんが、それまでは、そのDVDを楽しもうと思っています。

NAO #pVQFStsQ | URL | 2013/02/01 23:02 | edit
page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://jijaragingphoenix.blog112.fc2.com/tb.php/181-5adc520d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。