ジージャーさんの「出演映画」を日本で観たい !!





10/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30./12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[edit]

trackback: -- | comment: --
page top

「チョコレート・バトラー」を観ました

The_KICK_Thai052.jpg

既に注文済みではあったのですが、先日観たタイ版との比較もしてみたくて、レンタルしてみました。
以下、内容に触れます。














この物語の主人公は、ナテジュ演じるテヤンです。
そして、彼の成長の物語です。
親との葛藤や、自分の夢、そして、巻き込まれてしまった事件と向き合う姿を描いています。
始まって30分、ジージャーさんは出て来ません。
彼女の役、ワワは、マムさんの姪っ子で、ムエタイの達人で、親との対立でいらだつテヤンに、優しく向き合う女性を演じています。
さらに、韓国人家族の危機にともに立ち向かう役でもあります。

テヤンは、途中まで、音楽にのせて体を動かしています。人の作ったリズムでしか動けない。
彼は、自分の力の発揮の仕方をまだ理解できず、テコンドーの選考会を前に、技が決められずにいます。
その後、ワワと出会い、彼女からムエタイを教わります。
映画の最後、彼は、強盗団と闘う中で、自分でリズムを刻むことで、これまで出来なかった技を決め、敵を打ちのめします。

アクション映画の部分と、家族のドラマの部分のバランスが良くない気もしますが、映画全体は及第点だと思います。
吹き替えがあることも、物語の理解を助けると思います。

更に気がついたことを書きたいと思います。

見始めて直ぐに、タイ版とは何か違うと思いました。
もともと、タイ版は、101分、日本版は、94分ですから、7分ほど何かがカットされているわけです。


まず、違うと感じたことの原因は、映画のタイトルの出たあとのシーンが違っていたことでした。
タイ版は、道場で家族がトレーニングするのシーンがあり、それぞれのキャラクターをみせる映像に映っていきます。宝剣のニュースを挟んで、テコンドーの道場のシーンと夫婦がもめている映像が続きます。
日本版は、その映像はなく、いきなり宝剣のニュースから始まります。そして、タイ版ではあった。宝剣のニュース映像のあとのテコンドー道場のシーンと夫婦がもめるシーンもありませんでした。

次にカットされていたのが、タイ版では、テヤンに食事を勧めるワワ。その後2人は、談笑し、ワワのテコンドーの型を、テヤンがまねるシーンがあるのですが、日本版では、食事を勧めるところで映像が終わっていました。

次にカットされていたのは、タイ版では、テヤンがオーディション会場で呼ばれて会場に入るシーンで、靴をもってアルクシーンがあるのですが、日本版では呼ばれて直ぐに演技にはいります。

次にカットされていたのは、タイ版では、オーディションから戻ったテヤンが、お店で買い物をし終えて、強盗団を見つけ、軒先のバイクを拝借するのですが、日本版では、テヤンがバスから降りると、直ぐにマフィアがテミたちを襲うシーンになり、そこに、バイクに乗ったテヤンが駆けつけるというシーンになっていました。
テヤンがなぜバイクで来るのかが不明なシーンになってしまっていました。

次にカットされていたのは、父にしかられ街をさまようテヤンが、港近くのベンチで沖田あとのシーンです。
タイ版では、ワワに気づいたテヤンがそっと服を掛けると、ワワが目をさまして、2人が談笑するのですが、日本版では、服を掛けると次の船のシーンに切り替わってしまい。
ワワが目をさまして2人で話すシーンがなくなっていました。
このときのジージャーさんの表情が結構可愛いので、残して欲しかったシーンです。


あと、製作途中で発表されていたBehindSceneがなくなっていました。
下の動画と写真は、倉庫でのジージャーさんのアクションシーンです。
このシークエンスは物語の都合上なのかまるまるなくなっていました。
写真
ดาราเกาหลีเล่นจริง เสี่ยงจริง ในหนังร่วมทุนไทย-เกาหลี เรื่อง The Kick

映像
○The Kick Behind The Scenes



○チョコレート・バトラー 予告編
(予告と言うよりは、DVDの告知映像です。)




この発言は「ハートは元気!」にも載せています。

追記(2012.6.20)
「チョコレート・バトラー」で、テヤンの吹き替えをされた白川周作さんが、ブログに「チョコレート・バトラー」のことを書かれています。
テヤンのイメージにぴったりの声だったと思います。
黄瀬さんのアレとチョコレートバトラー

関連記事

category: The KICK

[edit]

page top

« 「The KICK」のBehindScene、アクションシーンの映像  |  トニー・ジャーさんの結婚と「トム・ヤム・クン2」 »

コメント

違いがよくわかります

 NAOさんのブログを拝見して違いがよくわかりました。でも、カットする理由が分からないですよね。
 それから、私も計ってしまいました。ジージャーが出てくるまで、正確には(タイ版で)37分もかかります。

asianet #lWIfF8EY | URL | 2012/05/03 00:46 | edit

きちんと見直したら、日本版では、30分でした。
本文の方も訂正しました。

カットしてもあまり気にならないのは、最初の家族を紹介している部分だけですね。
他のカットシーンに関してはなぜカットしたのか不明です。

NAO #pVQFStsQ | URL | 2012/05/03 02:41 | edit
page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://jijaragingphoenix.blog112.fc2.com/tb.php/150-63bcaf8b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

チョコレート・バトラー

これはチョコレート詐欺だろ!

だらだら無気力ブログ! | 2012/05/09 02:09
page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。