ジージャーさんの「出演映画」を日本で観たい !!





12/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31./02

「チョコレート・ガール バッド・アス!!」を観てきました。

Poster01.jpg
「チョコレート・ガール バッド・アス!!」を観てきました。
「チョコレート・ファイター」の公開から、3年半、やっと、劇場で次のジージャーさんの作品を観ることが出来ました。
タイの作品が劇場でかかるのは、「マッハ!弐」以来、タイ映画は、映画祭でかかっても、劇場で公開されることがなかっただけに、『未体験ゾーンの映画たち2013』と言う枠の中で、しかもタイトなスケジュールではありますが、劇場公開されたことを嬉しく思っています。
DVDのみではなく、スクリーンで観ることが出来て良かったです。
配給してくださった方、劇場公開をしてくださった方に感謝します。

この作品は、2010年に撮影され、2011年春にタイで公開された作品「Jukkaln」が元になっています。
タイの元の作品である「Jukkala」は、ジャンルとしては、コメディアクションで、しかもかなりコメディ色が強いものでした。
タイのコメディアンの方が総出演という感じだったようです。
インターナショナル版制作にあたって、物語をスッキリさせて、アクションシーンを追加したのが、「This Girl Is BAD ASS!!」、邦題「チョコレート・ガール バッド・アス!!」になります。

日本の宣伝では、、『タイ映画のコメディ要素はほとんど排除され、【ジージャー・ヤーニン】のアクションを大々的に取り上げた作品』とありますが、本作は、タイのアクションコメディ映画です。
宣伝をそのまま受け取ってアクション映画だと思って見に行くと、なんか違うという思いになるかもしれません。
 
アクションシーンは元のタイ版よりもかなり増えています。
コメディー部分も、ある程度刈り込まれていますが、そのまま残っています。

結構笑える作品になっていると思います。
タイのコメディ、好みがあるでしょうから、これはちょっとと思う方がいるかもしれません。
個人的には、吉本新喜劇を観るような感覚でみていました。
きっとタイの人にしか分からない部分もあると思うのですが、子どもでも素直に面白いと感じる作品になっていたと思います。
私は子どもと一緒に観ましたが、一緒になって笑ってみていました。

アクションのパートは、物語の流れに合ったアクションシーンだったと思います。
もし、アクションシーンがこれ以上多いと、物語とは関係なくアクションシーンが入っているような気がしてバランスが悪くなる気がしました。

この物語は、ジャッカレンという女の子の成長の話でもあると思います。
ジャッカレンは、人に愛されているのに、それを突っぱねるような女の子です。
トラブルに巻き込まれ、立ち向かう中で、人に愛されていることを知るのです。
だから、最後のシーンの変化が生きてくるのだと思っています。

できれば、スクリーンで楽しんでもらえるといいなぁと思います。
それと、オーストラリア版と日本公開版には違いがないように思いました。

category: Jukkalan

[edit]

page top

ジージャーさん、出産おめでとう

630.jpg

ジージャーさんが今月21日午前7時39分に、バムルンラート病院で、無事出産されたそうです。
おめでとうございます。

ニュース記事へのリンクです。
'จีจ้า'นางเอกนักบู๊ ให้กำเนิดลูกชายตั้งชื่อ 'น้องเจย์เดน'

記事の概略です。

出産は帝王切開だったそうです。
夫に励まされながらの出産だったそうです。
お子さんは、男のお子さんで、体重は3450gだったそうです。
名前は、「ジェイデン バウデン ウィサミタナン」だそうです。
出産前の一週間は、あまり寝ることも出来ず、不安な日々だったそうです。
3~4ヶ月は、子どもの成長を見ていたい。
第2子に関しては、しばらく期間をおいて、出来れば女の子が欲しいと話されていました。
子どもの親になって母の気持ちが分かるようになったとも話されています。


3~4ヶ月後というと、「トムヤムクン2」のプロモーションなどがはじまる頃では、ないかと思われます。
完全復帰なのか、一時的に仕事に復帰なのか分かりませんが、その頃にはまた、公の場でジージャーさんの姿が見られるのかもしれません。


この発言は「ハートは元気!」にも載せています。

category: つぶやき・その他

[edit]

page top

「This Girl Is BAD ASS!!」を観ました(オーストラリア版DVD)

ThisGirlIsBADASS.jpg

オーストラリアで発売になった「This Girl Is BAD ASS!!」のDVDを観ました。
購入したサイトでは、109分と書かれていたのですが、実際の本編は、94分でした。
日本公開版か、99分なので少し短いかも。
特典映像は、「Deletescene」「インタビュー」「タイ版予告編」でした。
ただ、メニュー画面には何も書かれていないのですが、DVDの中には、タイ版のDVDに収められていたメイキングの映像が入っていました。
隠しメニューとかあるんだろうか?
特典のインタビュー映像は、タイ版に入っていたものと同じでした。
本編に吹き替えはなく、英語字幕が選べるようになっていました。

タイ版と尺はほとんど変わらないのですが、印象としてはかなりテンポも良く、スッキリとした印象を受けました。
前宣伝で、コメディを減らしていると言うことでしたが、これはどう見てもコメディ映画だと思います。
ただ、タイ版にあったタイの人以外は分からないような部分は、カットされているように思いました。

アクションシーンは追加撮影したと言うことで、タイ版より増えていましたし、アクションのバリエーションも増えていました。

それから、インターナショナル版は、タイ版とは若干筋立てが違います。
ジャッカレンとおじさんとのやりとりが増えていて、2人の関係がより描かれていたと思いました。

エピローグもタイ版より良かったと思います。

英語字幕で、完全に把握は出来ていませんが、かなり好印象です。
先行上映は観に行けませんでしたが、今から、劇場で観るのが楽しみです。


この発言は「ハートは元気!」にも載せています。

category: Jukkalan

[edit]

page top

「チョコレート・ガール バッド・アス!!」、もうすぐ公開!

169268_237770679674957_1134030149_o.jpg


チョコレート・ガール バッド・アス!!」が、1月18日 17:10~ ヒューマントラストシネマ渋谷にて先行上映されます。
その後の一般公開は、1/26(土)~2/15(金)になります。
あと、公開時期はまだ決まっていませんが、大阪のシネ・リーブル梅田、名古屋のシネマスコーレでの公開が決まっています。

そして、ハードコアチョコレートさんから、「チョコレート・ファイター」に引き続き、「チョコレート・ガール バッド・アス!!」のTシャツが販売されています。
「ファイター」の時はチョコレート色のみでしたが、今度は、黒とチョコレートの2色です。
今度のTシャツも買いましたが、コアチョコさんのTシャツの図柄のジージャーさんは、なかなかかっこいいです。


この発言は「ハートは元気!」にも載せています。


追記(2013.01.11)
大阪のシネ・リーブル梅田での公開ですが、劇場サイトに「2013年1月26日(土)~2月1日(金)一週間限定公開」と言う記述がありました。


追記(2013.01.13)
MovieWalkerに「チョコレート・ガール バッド・アス!!」の記事が載りました。
スチル写真も少し載っています。
ジャッキーも驚く!?タイの格闘系美少女が驚愕の自転車アクションを披露

category: Jukkalan

[edit]

page top