ジージャーさんの「出演映画」を日本で観たい !!





09/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31./11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[edit]

trackback: -- | comment: --
page top

「チョコレート・ソルジャー RagingPhoenix」が届きました!

Chocosol_DVD02.jpg

一日早かったのですが、27日に、「チョコレート・ソルジャー RagingPhoenix」のDVDが届きました。
レンタルは、10月7日からだったので、既にご覧になっている方もいると思います。

改めてこの作品を観て思うのは、映画の出来と、作品が好きというのは、必ずしもイコールではないのだなぁと言うことです。
もう一つのブログ「ハートは元気!」で何度となく、この作品の感想を書いていますが、正直な感想は前作を超えていないです。
映画の出来は決して、よくはないと思います。
ですが、この作品は、これまでにない試みをしていることや、ジージャーのいろんな表情が見られることなど、評価できる点もある作品だと思っています。
そして、この作品は、主演作としては、2作目です。
現在、3作目は、4月にタイで公開済み、さらに助演になりますが、4作目も11月3日から韓国で公開になります。
彼女の出演作が10本くらいになったときに改めて、この作品がどんなものだったかというのがはっきりするのではないかとも思います。

私は何よりもこの作品が好きです。
まずは、多くの人に観てもらえたらなぁと思っています。
「チョコレート・ファイター」とはひと味も二味も違うジージャーを観て欲しいですし、これからの作品への軌跡も観て欲しいと思っています。


追記(2011.10.30)
★お願い★
セルDVDを買われた方、中に、『東宝株式会社 映像事業部行』のはがきが入っていたと思います。
是非、要望や意見を書きましょう。次回何か作品がDVD化されるときに、こうして欲しい、こうあって欲しいと言うことを伝えましょう。
このはがきは直接伝える事が出来る手段の一つです。
スポンサーサイト

category: DVD,BD

[edit]

page top

「チョコレート・ソルジャー」の予告編

chocosol01.jpg         chocosol02.jpg 

「チョコレート・ソルジャー」の予告編、作られていないのかと思っていたのですが、「ランカスカ海戦」のDVDに入っていることを教えてもらいました。感謝!

映像のベースは、タイのショートバージョンの予告編です。

その中にいくつか日本語で、色々と言葉が出てくるのですが、仕上がりとしてはイマイチというか・・・・。

タイのバージョンで、サハモンコンフィルム、バーラムイーの文字が出るところに、日本版では「チョコレート・ファイター」「"ジージャー"主演最新作」と出ます。
そして、タイ版で「เล่นจริง、เจ็บจริง、ล่วิงกว่าเดิม」と文字が出るところは「ダンス 酔拳 泥酔拳!(赤の文字で)」と文字が出ます。
タイ語の意味は、それぞれ
เล่นจริง [読み len cin] 真の戦い(英語字幕では、Real Fight)
เจ็บจริง [読み cep cin] 真の痛み(英語字幕では、Real Injuries) 
ล่วิงกว่าเดิม [読み luan kwaa deem] はじめのものを更に超える (英語字幕では、Flashier than Ever)

そして、最後、タイ版だと「จีจ้า ดื้อ สวย ดุ」と右上にタイトルが出るのですが、日本版はでかでかと「チョコレート・ソルジャー」の文字が入ります。
そして極めつけが「今度のチョコは甘くない」・・・・いえいえ、そもそも、「チョコ」関係ありませんから。

こちらの記事は『ハートは元気』にも掲載しています。

category: 予告編

[edit]

page top

海賊版の映像・・・悲しい現実

741176228_64.jpg

これは本当にいたちごっこでどうしようもないことなのかもしれませんが、ネットを検索すると既に日本語字幕の「チョコレート・ソルジャー」の映像が、違法にアップされています。

タイで、劇場公開されて、直ぐ後に、盗撮の映像がネットにアップされ、タイで、VCD、DVDが発売されたときも、その映像がネットにアップされ、アメリカのAmazonのマーケットプレースでは一時、正規版ではないDVDも販売されていました。
そして、今、日本でも、既に日本語字幕のものがネットにアップされています。

これは悲しい現実だと思っています。
対価を払うべきものを無料で見て楽しむ。
それは本当に楽しいですか?
ただで観られればラッキーということなんでしょうか?

こういう行為が、最終的に、映画の作り手の不利益になっていくことは考えないのでしょうか?
自分たちで、自分たちの楽しみを奪ってしまっている行為なのだと思うのですが・・・。
なので、作品を楽しむのであれば、レンタルするなり、購入するなりして楽しんでもらえたらと願っています。

写真は、タイで「チョコレート」の海賊版を摘発した際のものです。

その際のニュース映像です。
○Jeeja kicks stop Piracy

こちらの記事は『ハートは元気』にも掲載しています。

category: つぶやき・その他

[edit]

page top

「チョコレート・ソルジャー RagingPhoenix」の私的解釈

Jija-SDD_25_20111016012920.jpg

個人的な解釈なので、そうは思わないという人もいるとは思いますが、「RagingPhoenix」を観て、自分なりにこれはこういうことなのではと思ったことを書きたいと思います。

ドゥはなんでいきなり強くなったのか?

よく観ると強くなる素養はあるという描写があります。
倉庫で、サニムたちに襲いかかった連中に、闘い方を知らないドゥも襲われました。
当然、力もないし、闘い方も知らないのだから、簡単に捕まってしまうはずなのに、その場の偶然も手伝って相手をやっつけてしまう。
闘い方を知らないのに、闘ってしまっていたドゥ。
そのドゥを訓練したら、もともと、素養があったので強くなった。
こんな風に、自分の中では解釈してます。

泥酔拳・・・・だって、後半、お酒、関係ないじゃん!

メイライユットの極意、心を解放して闘うこと、アルコールはその助けに過ぎない。
心の痛みこそが、強さに繋がる。
酔拳って言うから、話しが面倒になるわけで・・・。
(前半、ドゥに説明しているときと、極意を語るときでは、メイライユットのとらえ方がちょっと違ってきてしまっている気もしますが・・・・。)
ある境地に達すれば、酒はいらないってってことなんじゃないかなぁ。
ブル(キークワイ)が闘うときには、酒は飲んでないしね。

なんてのは都合よく解釈しすぎでしょうか・・・・。
メイライユットを泥酔拳と訳したことで、酔拳という意味合いが強くなってしまった気がします。
泥酔拳なんて訳さずに、メイライユットのままでよかったのに・・・・

「チョコレート・ファイター」の時は、自閉症という役柄を、自然にとてもうまく演じていたと思います。
セリフは多くありませんが、その演技で、自閉症の少女を演じきっていたと思います。
今回、ティーンエイジャーの生意気な女の子をきっちり演じきっていると思います。
愛されない寂しさ、背伸びをした生意気な態度、恋をするはにかんだ表情、怒りを爆発させて闘う姿、どれも素敵だと思っています。

そして、気になっているのが字幕の訳がどれくらいタイ語に忠実なのかということです
翻訳の仕方によっては、解釈も、感想も違ってしまうことがあるからです
メイライユットを泥酔拳と訳した時点で、残念な訳のような気がしています。
大阪アジアン映画祭での字幕がよかったので、変に解釈を加えずに使って欲しかった気がします。

タイの方に聞くと前作の「チョコレート・ファイター」では、訳が違う部分が、いくつかあったようです。
英語字幕も見てるので、日本語字幕でどうなっているのか、訳され方が気になるところです。

現在、レンタルが開始されて、10日ほどたち、ネットにも色々と感想があがってきているようです。
本当は解釈なんて別にどうでもいいのかもしれません。
映画に変な理屈をこねるよりも素直に観て、楽しんじゃった方がいい。
私は、そう思います。

もう一つのブログ「ハートは元気」で、何度も感想や思いを書いているのですが、この作品は「チョコレート・ファイター」に比べて気軽に楽しめる作品だと思っています。
ぜひ、多くの方に、ジージャーの演技やアクションを楽しんで欲しいと思っています。

category: つぶやき・その他

[edit]

page top

今日から「チョコレート・ソルジャー RagingPhoenix」レンタル開始!

IMG_0004.jpg

今日からレンタル開始です。
是非、多くの人に見てもらいたいと思っています。

この作品を、タイ語オンリー、英語字幕、日本語字幕と観てきましたが、やはり日本語字幕で見ると、話がよくわかります。
欲を言えば、吹き替えが付いていればよりよかったのですが・・・・。

この作品は、「チョコレート・ファイター」で、デビューしたジージャーの主演第2作目です。
前作のゼンは、自閉症の女の子と言うことで、役柄的に表情があまり豊かではなく、言葉も少なめでした。(ただ、ほんとに自閉症の演技は秀逸です。)

今作では、ティーンエイジャーで、バンドのドラマーと言うことで、表情豊かに役を演じています。
生意気だったり、可愛かったり、悲しんだり、怒ったりといろんな表情のジージャーを見ることが出来ます。
アクションは、ジージャー1人が闘うというものばかりではありませんが、随所で彼女の素晴らしい身体能力を見ることが出来ると思います。

もし、「マッハ!ニュー・ジェネレーション」を観たというのであれば、彼らが作品の随所にいるのも確認できるじゃないでしょうか?

この作品は「チョコレート・ファイター」のような深刻さはありません。
観る人には、ドゥというキャラクターを演じるジージャーを楽しんで欲しいと思います。

同じ記事を「ハートは元気!」にも掲載しています。

category: RagingPhoenix

[edit]

page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。