ジージャーさんの「出演映画」を日本で観たい !!





05/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30./07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[edit]

trackback: -- | comment: --
page top

キネマ旬報 6月上旬号 2011 No.1584

IMG.jpg 

キネマ旬報 6月上旬号 2011 No.1584の「WORLD NEWS ASIA」のページに、「トム・ヤム・クン2」の事が載りました。
日本で「トム・ヤム・クン2」のことが記事になるのは初めてではないでしょうか?

これまでタイで発表されたことに基づいた記事のようで、新しい話はありませんでした。
ただ、1ページ以上を割いて、書かれているので記事としては大きく取り上げられているのだと思います。
トニーと、サハモンコン社、プラッチャヤー監督との確執と和解についても、ふれています。

最近のタイのサイトの記事を読むと、「トム・ヤム・クン2」は、まだ脚本が完成しておらず、まだ撮影には入っていないそうです。
(この記事は「ハートは元気」にも掲載しています。)


追記(2011.06.28)
ハリウッドチャンネルに記事が載りました。
トニー・ジャーのスキャンダルも決着、「トム・ヤム・クン!2」が遂に始動!

スポンサーサイト

category: スタッフ・キャスト

[edit]

page top

マッハ! ニュー・ジェネレーション

MACHnewGeneration.jpg    bangkokknockout.jpg  

「RagingPhoenix」でジージャーと共演したカズ・パトリック・タンが出演している『Bangkokknockout(‎Kod-So)』が「マッハ!ニュー・ジェネレーション」と言うタイトルで、日本で、DVDがリリースされます。
リリースは、9月2日と少し先になります。

タイのタイトル"Kod-So"の意味ですが、以前、カズ・パトリック・タンが言っていたのは、「 ‎'Kod-So' is a local Thai language, it's mean 'so risky' 」です。
他の俳優さんは、ジージャーの作品などでもスタントとして活躍している人たちなので、かなり大がかりなアクションが展開します。
写真は、左が日本のDVDジャケットの写真(Amazonより)、右の写真は、タイのポスターになります。

○คนไม่กลัวตาย-โคตรสู้โคตรโส


PS. 
Amazonの作品紹介のところにカズ・パトリック・タンの出演作として「チョコレート・ソルジャー」と言う記述があります。
これは、「RagingPhoenix」の事ではないかと思います。
だとしたら、ちょっと微妙な邦題ですが、DVDリリースの可能性があると言うことなのかもしれません。

category: タイ映画

[edit]

page top

RagingPhoenix フランス版BD

SANY0034.jpg     SANY0033.jpg
SANY0035.jpg     SANY0032.jpg

フランス版の「RagingPhoenix」のBDです。
音声は、フランス語吹き替えとタイ語音声にフランス語字幕がついたものが収録されています。
ジージャーのフランス語の吹き替えですが、イメージをとらえた可愛い感じの声で吹き替えられていました。

特典映像は、USA版の「BEHIND SCENES OF RAGING PHOENIX」と同じ映像が、メイキングとして収録されていました。
また、UK版で収録されているインタビューと同じものがインタビュー映像として収録されています。

メニュー画面は、これまでとはまた違っていました。
メニューの画面のBGMは、Buddha Blessの「YOUNG-WAI」が使われていました。

同じ記事を「ハートは元気」にも載せています。

category: DVD,BD

[edit]

page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。