ジージャーさんの「出演映画」を日本で観たい !!





09/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31./11

Raging Phoenix」のキャスト

キャストのデータに関しては、リンク先をIMDbにしてあります。
役名、キャスト名、スタッフ名は、DVDで確認したものです。
日本語での表記がはっきりしない方もいる為、表記は、アルファベットのままです。

ところで、役名ってどういう基準でつけてるでしょう?
特に、B-boyの面々の役名やジャガーの組織の人の役名。
タイ語で、キーは、糞のことで、ムーは、ブタ、マーは、犬、クワイは水牛のことを指しています。
あまりいい呼び名とは思えないんですが・・・・。
本名と言うより通称、あだ名のようなもので、役名をつけているということなんでしょうか?

1-3.jpg  DEU  YANIN VISMITANANDA

 2-1.jpg SANIM  KAZU PATRICK TANG

 5-1.jpg KEE-MHA  SOMPONG "B-BOY HASTE" LEARTVIMOLKASAME

 4-1.jpg KEE-MUU  NUI "B-BOY MR.GO ROCK" SANDANG

6-1.jpg KEE-KWAI  BOONPRASERT "B-BOY OMAN" SALANGAM

 3-1.jpg JAGAUR LONDON  ROONGTAWAN JINDASING

 IMAGE06.jpg JAGAUR BOMBAY  DAVID BUENO

 IMAGE07.jpg JAGAUR TOKYO  HOANG NGHI

 IMAGE08.jpg PAI SAROCHA RUAMPAOTHAI


最初の方で、ギャングに捕まっていた中にいた日本人女性役の方ですが、たぶん「AINO TAKESHITA」とエンドロールでクレジットされていた方だと思われます。

category: スタッフ・キャスト

[edit]

page top

酔拳使いの俳優

1.jpg
「RagingPhoenix」の酔拳使いの役は、もともとTim manが演じるはずでした。
ですが、映画に、クレジットされているのはMarc Hoangです。
映画の後半、ジージャー演じるドゥが囮になって街に立つシーンがあります。
怪しげな赤毛の男が、B-boyたちを挑発します。挑発されて追いかけたB-boyの一人が階段のところで戦っていたのが、Tim Manでした。

彼自身のサイトの記事によれば、リハーサルで骨折してしまったために、役を降りることになってしまったのだそうです。

もし、そのまま彼が演じていれば、また違ったアクションが観られたのかもしれません。
映画で、敵の酔拳使いが突然現れたように感じたのは、アクシデントによる役者の交代があったからだと思われます。

category: スタッフ・キャスト

[edit]

page top

Raging Phoenix(จีจ้า ดื้อ สวย ดุ กัน)ができるまで

jija-still32.jpg

タイのサイトで、『Raging Phoenix』についての話しが一番最初に書かれていたのは、2008年2月16日でした。
「Chocolate」が公開になってまもなくのことでした。
このときは、5月から制作に入ることと、監督にRachain Limtakoon(ラシェーン・リムタクン)が決まっていることが書かれているだけで、まだタイトルも、出演者もはっきり決まっていないようでした。
映画について監督の話しとして、ドラマ-アクション、そして、ヒロインのロマンスもあるとありました。

あと、その文章には、ダン・チューポンの名前が書かれていました。
最終的にキャスティングはされなかったようですが、もしキャスティングされていたら、どんな役を演じていたのでしょう?
パトリック・タン・カズの役柄でしょうか?それともギャングの方の役柄だったのでしょうか?

次に、話が書かれているのが、2008年6月19日です。
このときは、まだ新しい映画の準備中で、ジージャーが毎日、トレーニングをしているらしいこと。
脚本が完全でないことと、メインの俳優がまだ決まっていないことが書かれています。
この時点では、作品のタイトルなどまだ何も決まっていなかったのだと思います。

次に話しが書かれているのが、2008年10月6日です。
BKK FILM INTERNATIONAL 's grand openingで、ジージャーが新作について話している内容が伝えられています。
12月から製作が始まり、新しい映画では新しいアクションスタントをするつもりであること。
役柄は、男性と恋に落ちる女性になること。
ただ、まだ詳しいことは話すことはできない。
とありました。

次に書かれているのが、2008年12月8日です。
メインキャストであるジージャーの相手役の男性に「Kazu」が決まったとあります。
プラッチャヤー・ピンゲーオさんが、フランスで彼を見つけました。
彼は、ベトナムとフランスのハーフである。
と言うことが書かれていました。

次に話が書かれているのが、2009年3月11日です。
バンコクのサイアム・センターで、プレス向けの会見があり、そのときのことが書かれています。
作品のタイトルが、" Jeeja Yanin ,Obstinate,Beauty,Fierce(จีจ้า ดื้อ สวย ดุ กัน)"に決まったこと。
撮影の進捗は、30パーセントほどであること。
ジージャーの役柄は、色っぽい感じでなくて、タイの言葉で「spicy woman」というイメージの女性ですとありました。
単なるセクシーな女性という感じではない役柄ということが強調されているように思いました。

次に話しのが書かれているのが、2009年4月10日です。
ここで公開日が、2009年8月12日に決まったことが書かれています。

次に話しが書かれているのが、2009年5月15日です。
新作のアクションは、これまでの格闘技と違って、ダンスと融和させたものになるということが書かれていました。
また、ロマンチックな要素のある話しであるとも書かれていました。

次に話が書かれているのが、2009年6月18日です。
ここでは、ジージャーのドラム演奏に関して書かれていました。
ジージャーは、「キックやパンチの戦いよりも、ドラム演奏の方が難しい。」と言っていました。
ドラム演奏は大変だったようです。

次に話しが書かれているのが、2009年6月19日です。
ジージャーは自分の役柄について、「チョコレートのゼンよりも大人の女性です。実際の自分の年齢に近いです。」
また、髪を染めたことと、短い髪は、長い髪よりアクションするのにふさわしく、より若く見えるとも書かれていました。

次に話しが書かれているのが、2009年6月26日です。
「Raging Phoenix」の撮影が終わっても、ジージャーはトレーニングを欠かさずしているようです。
そして、髪型を変えたことも欠かれていました。
映画の髪型より更に短くしたのがこの頃なのかもしれません。

次に話しが書かれているのが、2009年6月30日です。
撮影時の出来事に関して書かれていました。
撮影が、日の出から日暮れまで続き、また、B-boyのメンバーと浜辺で戦うシーンでは、海の水がかなり冷たかったそうです。
シャツが裂けるくらい激しいアクションの連続だったようです。
かなりハードな撮影であったようです。

(「ハートは元気」で一度書いた話題ですが、こちらにも転載しました。)

category: つぶやき・その他

[edit]

page top

カズ・パトリック・タンさんの新作(2)

33541_496473020936_182937035936_7240634_5737415_n.jpg 

カズ・パトリック・タンさんですが、「Kod-so」に引き続き、また、新しい作品の撮影に入るようです。
詳細は、まだ分かりませんが、メインのキャストとのことです。
どんな作品に出演するのか、早く詳細が知りたいところです。

category: タイ映画

[edit]

page top

「RagingPhoenix」UK版予告編

UK版「RagingPhoenix」の予告編です。
イギリスでは、一般公開はされていませんが、DVDと、BDが今年の4月に発売されています。
この予告編は、DVDとBDの販促用に制作されたものです。

○Raging Phoenix U.K. DVD&Bluray promote teaser
 

category: 予告編

[edit]

page top

新作「Jak-ka-len」 マムさんのコメント

9月末から撮影が始まった「Jak-ka-len」ですが、監督で出演もしているマム・ジャックモックさんのコメントの映像にYANINFANCLUBの方が、英語字幕を付けてくれました。
感謝!

「Jak-ka-len」では、きっと「チョコレート・ファイター」とも、「RagingPhoeinx」ともちがう新しいジージャーが見られると思います。
 

10/10/10 Jija's new movie "Jakkalen' details (Eng Sub)


category: Jukkalan

[edit]

page top

新作映画、撮影中

Jak-ka-len01.jpg 
現在、ジージャーは、新作「Jak-ka-len(จั๊กกะแหล่น)」の撮影中です。
今年の頭あたりから、撮影すると言われていた作品ですが、9月末から撮影が始まったようです。
公開予定は来年早々だそうです。
今作は、コメディアクションで、ハードなアクションは少なめだそうですが、どんな作品になるか今から楽しみです。

今後は、タイ韓国合作映画「ザ・キック」、「チョコレート2(邦題 チョコレート・ファイター2)」の企画が控えている模様です。

日本ではなかなか一般劇場で観る機会に恵まれませんが、なんとか大きなスクリーン、もしくは、DVDできちんと見てみたいです。

category: Jukkalan

[edit]

page top

タイのテレビ番組(10)

こちらも、映画公開当時に出演した番組です。
たくさんの女性司会者が並んでいる番組ですが、司会者は座ったまま、ゲストのジージャーは立ったままという番組です。
男性相手に軽いアクションを見せたり、蹴り方を見せたりしています。
途中「Raging Phoenix」の映像も流れます。
 
○ผู้หญิง ถึง ผู้หญิง - จีจ้า

category: プロモーション・映画祭

[edit]

page top

タイのテレビ番組(9)

このテレビ番組は、インタビュー番組で、「RagingPhoenix」について話しています。
番組の冒頭では、「チョコレート」のアクションシーンの映像もあわせて流されています。
トークの中で「เล่นจริง-เจ็บจริง(レンチン、ジェッチン)」と言われていますが、ジージャーのことを形容する言葉のようで、時折、彼女を紹介するときに、この言葉が使われています。
訳すと「真の演技、真の痛み」と言うような意味になります。
英訳では「Real Fight, Real injuries」と訳されています。

○จีจ้า ในรายการ 168 HR

category: プロモーション・映画祭

[edit]

page top

タイのテレビ番組(8)

映画公開時には、様々なテレビ番組に出ているのですが、この番組もそんな一本です。
「Indykitchen」という料理番組に出演したときの映像です。
ジージャーも料理を作るのを手伝っています。
番組の後半、映画の話しをしたり、アクションを披露したりしています。

○ครัวอินดี้ จีจ้า 1/3
 


○ครัวอินดี้ จีจ้า 2/3


○ครัวอินดี้ จีจ้า 3/3

category: プロモーション・映画祭

[edit]

page top