ジージャーさんの「出演映画」を日本で観たい !!





08/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30./10

カズ・パトリック・タンさんの新作

Kazu-Kod-so.jpg 
「RagingPhoenix」でジージャーと共演したカズ・パトリック・タンさんが現在、新作を撮影中です。
詳しいことはまだわかりませんが、タイトルは「Kod-so」で、タイ語の方言で、意味は「so risky」なのだそうです。
バンコック・アドレナリン」でもきらりと光る演技を見せたカズですが、今度の作品ではどんな演技、アクションをみせてくれるのでしょうか?

category: タイ映画

[edit]

page top

ジージャーの新作

019.jpg 
 
「RagingPhoenix(จีจ้า ดื้อ สวย ดุ )」がタイで公開されて、1年以上たちます。
まだ、日本での公開のめどは立っていません。
DVDの発売も現時点では不明です。

ジージャーは、昨年暮れから、主演3作目の撮影に入ると言われていましたが、まだ、撮影に入ったという話は聞きません。
タイのサイトによれば、現在も大学で演劇の勉強をしているそうです。

そんな中、タイのサイトに新作の撮影に入るという話が出ていました。
新作のタイトルは「Jak-ka-len(จั๊กกะแหล่น)」、監督はマム・ジョックモック、ペットターイ・ウォンカムラオと言った方が分かる方が多いかもしれません。
「マッハ!!!!!!!」「トム・ヤム・クン」「マッハ!弐!」にも出演し、「ダブルマックス」「アルティメット・エージェント」という作品では、自ら監督主演しています。

マムは、「Jak-ka-len(จั๊กกะแหล่น)」にも出演します。
役柄は、マムは叔父さんで、ジージャーはその姪っ子だそうです。
今作は、コメディアクションで、これまでの作品に比べて、アクションシーンはあまり多くないようです。
コメディと言うことでこれまでのジージャーとはまた違う姿を魅せてくれると思います。

タイのサイトに書かれてあるとおりであれば、9月30日に撮影に入るそうです。
公開は来年。

残念ながら、今年はジージャーの新作には出会えないようです。

「Jak-ka-len(จั๊กกะแหล่น)」の撮影が終わると、ピンゲーオ監督作品で、タイ韓国の合作になる「The Kick」という作品が控えています。
また、そのあとには「チョコレート2(チョコレート・ファイター2)」が控えていると言われています。

これからもジージャーから目が離せません。

category: つぶやき・その他

[edit]

page top

タイのテレビ番組(7)

この番組は、ラシェーン・リムタクン監督とジージャーが出演したインタビュー番組です。
番組の中で、映画の映像や、撮影風景などが流れます。
海辺の撮影の映像では、よほど寒かったのか、暖をとっている映像も見られます。
また、「RagingPhoenix」の撮影で、2階の高さから落ちるシーンで、怪我をしたジージャーの映像も流れます。

9 entertain talk จีจ้า 1/2




9 entertain talk จีจ้า 2/2

category: プロモーション・映画祭

[edit]

page top

タイのテレビ番組(6)

この番組は「RagingPhoenix」のことだけを取り上げているというわけではありませんが、「マッハ!!!!!」「トム・ヤム・クン」「マッハ!弐!!!!」「七人のマッハ!」「チョコレート・ファイター」「RagingPhoenix」などの映像を使って、アクションについて話している番組です。
番組の中では、トレーニングの様子も流れます。
また、ピンゲーオ監督、パンナー師匠、アクション振り付けをしたウィラポンさん、そして、ジージャーのコメントも流れます。
アクションの解説もあると思うのですが、全編タイ語の為に内容まではわかりません。
ですが、アクションの映像を見るだけでも、そのすごさが伝わるのではと思います。
 
○เรื่องของเรื่อง - พันนา
 

category: プロモーション・映画祭

[edit]

page top

タイのテレビ番組(5)

映画公開時は、多くの番組に出ていますが、この番組もそんな中の1つです。

この番組の司会をしているのは、「タイの北野武」といわれているマム・ジョックモックさんです。
名前だけでは誰だか分からないかもしれませんが、「マッハ!!!!!!!」「トム・ヤム・クン」「マッハ!弐!!!!!!」に出演してるペットターイ・ウォンカムラオさんのことです。
マム・ジョックモックというのが芸名で、ペットターイ・ウォンカムラオの方は本名だそうです。

この番組では最初ジージャー、カズ、B-boyでアクションが披露されます。
B-boyの面々は番組内でかなりいじられてました。

マム・ジョックモックさんは、ジージャーの3作目となる「Jak-ka-len」の監督を務めます。
彼自身も出演し、彼は叔父、ジージャーはその姪っ子という役柄だそうです。
順調に撮影が進めば、来月、タイで公開になります。

หมํ่าโชว์ จีจ้า 1/2




หมํ่าโชว์ จีจ้า 2/2

category: プロモーション・映画祭

[edit]

page top

タイのテレビ番組(4)

このテレビ番組では、インタビュー番組ですが、インタビューへ至るまでにちょっとしたアクション寸劇がありました。
インタビュアーの方とジージャーがショッピングモールにやってくると、柄の悪いお兄さんに絡まれます。
いやがるジージャーが何とも・・・・。
そこに、カズ・パトリック・タンとB-boyの面々が現れて、悪漢を撃退します。
その後、別の場所で、ジージャーとカズ、そして、スタントの人を交えての、インタビューとなります。
インタビューの流れで、カズがマーシャルアーツを披露しています。

○จีจ้า เปรี้ยว สวย ดุ 1-2


○จีจ้า เปรี้ยว สวย ดุ 2-2

category: プロモーション・映画祭

[edit]

page top

タイのテレビ番組(3)

画面の左上に時間が出ていますが、朝の早い時間に放送された番組のようです。
司会の方が3人いますが、女性の方は、別の番組でメインの司会をされている方です。
(「チョコレート(邦題 チョコレート・ファイター)」の公開当時、この女性の方が司会の番組に出演しています。)

この番組では、「RagingPhoenix」の映像を交えて、映画の話しをしているようです。
アクションの披露はありませんが、「メイライユット」の話が出たときに、少し型を見せています。


category: プロモーション・映画祭

[edit]

page top

いろいろな国で発売されたDVD&BD&VCD

「RagingPhoenix」のDVDですが、これまで、タイ、マレーシア、シンガポール、UK、アメリカで発売されています。
VCDは、タイで、BDは、UKと、アメリカで発売されています。

   タイ版DVD
  ragingphoenixThaiDVD-s.jpg       

    タイ版VCD
  RagingPhoenixThaiVCD.jpg 


   マレーシア版DVD                   シンガポール版DVD
  Raging Phoenix-Malaysia Version01         ragingphoenixDVD.jpg
 

  UK版DVD                                           UK版BD              
 ragingphoenixUKDVD.jpg                    ragingphoenixUKBD.jpg


  US版DVD                             US版BD
 RagingPhoenixUSDVD-s.jpg                    RagingPhoenixUSBD-s.jpg

パッケージを見るだけでもいろいろなデザインがあって興味深いです。
もし、日本で、DVDが出るとしたら、どんなパッケージのデザインになるでしょう?

追記
Amazoncomのマーケットプレースで売られている「Raging Phoenix [First Print Edition] DVD」は、タイのサイトの情報では、海賊版だろうということでした。



category: DVD,BD

[edit]

page top

タイのテレビ番組(2)

この番組は、映画の特番のようです。
随所に、映画のメイキングシーンや撮影風景が織り込まれています。
インタビューも、プロデューサーのプラッチャヤーさん、パンナーさんをはじめ、監督、アクション振り付け師、カズ、ルンタワン、B-Boy、ジージャーとメインのキャスト、スタッフのコメントを聞くことが出来ます。
これらの映像、インタビューは、UK版のBD特典映像と一部ダブル部分もあります。

映画の最後にメイキングがなかったというのも、テレビなどで既に放送されていたからなのかなぁとも思いました。
 
○เบื้องหลัง ดื้อ สวย ดุ (FULL ) 1/2



○เบื้องหลัง ดื้อ สวย ดุ (FULL ) 2/2

category: プロモーション・映画祭

[edit]

page top

タイのテレビ番組(1)

映画公開当時、映画の宣伝で、ジージャーたちは、いろいろな番組に出演しています。
このあたりは、日本も、タイも変わらないようです。

下記の番組の時は、スタジオにセットを組んでその場で司会の方を交えてのライブアクション、後半、太鼓の音に合わせて、ジージャー、カズの単独でのアクション、軽快な音楽に合わせた、B-Boyのアクション、最後は、ジージャー、カズ、B-boyで、映画のアクションを取り混ぜたライブアクションを披露しています。

番組の中盤は、トーク中心で、司会の方が、ジージャーに映画の話しを聞いています。
この頃、ジージャーの髪が一番短かったときです。

○จีจ้า ตี 10 ( 1/4 )


จีจ้า ตี 10 ( 2/4 )


○จีจ้า ตี 10 ( 3/4 )

           
จีจ้า ตี 10 ( 4/4 )
(放送日/2009年08月04日)

category: プロモーション・映画祭

[edit]

page top

カズのアクション

bercy_fr.jpg

「25ème Festival des Arts Martiaux 2010」で、カズ・パトリック・タンは、「cascade demo team」の一員として、演技を披露しています。

○Kazu et Cascade Demo Team - Festival des arts martiaux de Paris Bercy 2010
「Raging Phoenix OST」の「YOUNG-WAI」に併せてアクションを披露しています。
ジージャーはいませんが、青いTシャツの人が、カズと組んでペアのアクションをみせています。



今回、カズ・パトリック・タンが参加したデモチーム
cascade demo team

festival des arts martiaux bercy 2010 avec Kazu patrick tang et la cascade demo team
ジャン・クロード・バンダム、ジェット・リー、ブルース・リーの映画でのアクションの動きを見せてくれる映像です。
ブルース・リーに扮しているのは、カズ・パトリック・タンです。




カズ・パトリック・タンは、ジェット・リー主演の「ダニー・ザ・ドッグ」にスタントとして参加しています。
他にもタイ映画「マーキュリーマン」にもスタントとして参加しています。
また、最近の作品だと「バンコック・アドレナリン」にも出演しています。
今後、新しい映画への出演が控えているそうです。

category: スタッフ・キャスト

[edit]

page top

Neuchatel International Fantastic Film Festival 10th Edition(スイス)

NIFFF.jpg 


スイスで、7月4~11日に「Neuchatel International Fantastic Film Festival (NIFFF) 10th Edition」が行われました。
「Raging phoenix」は、New cinema from asiaの部門で、7/10と、7/11にそれぞれ一回ずつ上映されました。


Swissinfo.chのサイトに載った映画祭の記事です。
中文の2010.6.25の到奇幻电影节,看非同寻常电影の中に『此外还有泰国电影Rashane Limtrakul的《怒火凤凰》(Raging Phoenix)』と言う記載がありました。

category: プロモーション・映画祭

[edit]

page top

Fantasia Film Festiva(カナダ)

fantasia2010.jpg


カナダのモントリオールで7/8~7/28に「Fantasia Film Festiva」が開かれました。
Raging Phoenix」は、7月20日午後5時20分から上映されました。
(上映スケジュールのページ)


○Fantasia International Film Festival promo HD
映画祭の雰囲気が伝わる動画だと思います。
「RagingPhoenix」の映像はありませんが、「PowerKids」というタイの作品の映像が入っています。

category: プロモーション・映画祭

[edit]

page top

Art Film Fest 2010 (スロバキア)

vizual10_01.png

スロバキアで行われた『Art Film Festival』で 、「Raging Phoenix」が上映されました。
オンラインカタログのCinemax Bの部分に「Raging Phoenix」が載っています。
上映は、2010-06-25 21:15:00からでした。

Art Film Fest Catalog Raging Phoenixのページ、さらにAbout movie CATALOGUE(こちらはPDFファイルになります。)では、映画の紹介の文章を読むことが出来ます。

category: プロモーション・映画祭

[edit]

page top

New York Asian Film Festival

NYAFF head 3 

『New York Asian Film Festival』で、6月28日に「Raging Phoenix」が上映されました。
『New York Asian Film Festival』は、下記のスケジュールで開催されていました。
・JUNE 25 - JULY 8 at LINCOLN CENTER'S WALTER READE THEATER
・JULY 1 - JULY 4 at JAPAN SOCIETY
・MIDNIGHTS JUNE 25/26 & JULY 2/3 at IFC CENTER


New York Asian Film Festival オフィシャルサイト(英文)
その中の「RagingPhoenix」を紹介しているページです。


ThaiFilmJournalの記事(英文)
Power Kids, Raging Phoenix in New York Asian Film Festival
『New York Asian Film Festival』では、「RagingPhoenix」の他に「PowerKids」の上映もありました。


さらに、このフィルムフェスティバルでは、日本の作品も多く上映されています。
NYAFF 2010: the Japanese line-up
また、ゲストとしても多くの方が招待されていました。

アジアフィルムフェスティバルということで、アジア各国から作品が集められています。
日本ではお目にかかれないような作品も数多くありました。


○NY Asian Film Festival 2010 - Festival Trailer
残念ながら、「RagingPhoenix」の映像は含まれていません。 

category: プロモーション・映画祭

[edit]

page top

ACTIONFEST(North Carolina)

actionfest-logo.jpg

「ACTIONFEST」と言うイベントが2010年4月15日から18日にかけてNorth Carolinaで行われました。
そのイベントの中の「NORTH AMERICAN PREMIERES」というパートで「Raging Phoenix」が選ばれ、16,17日に上映されました。
「RagingPhoenix」以外の作品に関しては、こちらをご覧ください。
日本の作品だと「ロボ芸者」が上映されています。

○ACTIONFEST 2010 Trailer

予告映像の中に「チョコレート」の映像が含まれています。なぜか上映される「RagingPhoenix」の映像は含まれていません。
ACTIONFEST HP

ThaiFilmJournalにあった関連記事
ActionFest has Raging Phoenix, Power Kids, Born to Fight

category: プロモーション・映画祭

[edit]

page top

大阪アジアン映画祭

oaff.jpg     oaff2010.jpg 

劇場での公開は、今のところ、タイ、マレーシア、シンガポール、韓国の4カ国だけですが、映画祭での上映は、いろいろな国でありました。
その一つが、大阪アジアン映画祭です。
今年の3月11,14日にそれぞれ1回ずつ「ジージャー:頑固に美しく猛々しく」の上映がありました。
字幕は、英語と日本語がついていました。

日本での上映はこれだけです。
DVDなども今のところ発売の予定はないようです。

日本語字幕がついたことで、作品の理解がより深まったと思います。

category: プロモーション・映画祭

[edit]

page top

ドリパスにリクエストしてみました

Chocofighter.jpg     RP4_1024.jpg

一般の劇場での公開、日本語字幕、日本語吹き替えのDVDが出てくれることを願っているのですが、それとは別に、ドリパスに上映リクエストを出してみました。

ドリパスとは映画館チケットを共同購入できるサイトです。
「昔のあの映画をもう一度大スクリーンで観たい!」「映画館でこんなイベントをやりたい!」が実現されるサービスになります。
会場は、新宿バルト9になります。

今年初めに、「チョコレート・ファイター」とブルース・リーの「燃えよドラゴン!」の二本立てが、早稲田松竹でありましたが、ジージャーの作品だけの二本立てというのは今のところありません。

興味のある方は、ドリパスへのリクエストもお願いいたします。
リクエストがすべて実現するわけではないようですが、この2本立て、魅力的だと思っています。
 

category: つぶやき・その他

[edit]

page top