ジージャーさんの「出演映画」を日本で観たい !!





07/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31./09

みなさん、ありがとうございます

jija-project13.jpg 
 
書き込みや掲示板にコメントをくださったり、このブログのことを紹介してくださったり、みなさま、本当にありがとうございます。
個人で立ち上げたブログですが、劇場公開という目標を達成する為には、皆様の協力なしでは活動することは出来ません。
他の活動ブログを見ているとやはり数百、数千という署名や書き込みがあるようです。

難しいかもしれませんが、年内に500人くらいの署名が集めることができればと思っています。
来年には、「Chocolate2(チョコレート・ファイター2)」の撮影が日本でもあるようなので、その頃までには何かしら形にできたらいいなぁと考えています。

劇場で観たいという思いを届ける為にも、これからもよろしくお願いいたします。

category: お知らせ

[edit]

page top

ドゥというキャラクター

jija_still21.jpg

ジージャーが演じたドゥというキャラクターは、前作の「チョコレート・ファイター」のゼンとは真逆のキャラクターのように思っています。
ゼンは、母の愛情いっぱいに育った女の子でした。

一方、ドゥは、どうやら、家族とはうまいっていない様子がうかがえます。
冒頭、母親との電話での会話も、ドゥは上の空です。
また、父親は既に他界しているのかのような描写もあります。
そして、映画の前半、ドゥは、生意気で、強がりで、心の弱い女の子でした。
数々の試練を経て、彼女は変化していきます。
映画のタイトルの「ジージャー:頑固に美しく猛々しく」のように、「頑固で、美しく、猛々しい」ドゥをしっかりと観て欲しいです。

category: スタッフ・キャスト

[edit]

page top

『Meyrajyuth(メイライユット)』という拳法



「RagingPhoenix」の中には、『Meyrajyuth(メイライユット)』というオリジナルの拳法が登場します。
予告編では、酔拳VSムエタイの酔拳というテロップがでます。

『Meyrajyuth(メイライユット)』は、アルコールを飲むことで、我を忘れ、予測不能の攻撃をするというものです。
前半では、ドゥが修行をするシーンで、お酒を浴びるように飲まされていたりします。

ですが、後半では、アルコールの力を借りずに戦っているシーンが出てきます。
設定が飛んでいるという向きもあるが、そうではなく、アルコールの力を借りなくても、無我の境地になれたからなのではと思っています。(都合良く解釈しすぎでしょうか?)

キーワイとドゥが話すシーンで、アルコールはきっかけに過ぎないという台詞が出てきます。
また、おまえが勝てたのは、ここにいる人間のように深い悲しみを持っているからで、幸せな人間には(メイライユットを)会得できないという台詞もありました。

メイライユットの極意、それは、深い悲しみこそが力に変わるというもの。

英語の字幕では、Painと言う単語が使われているので、単に悲しいと言うよりも、痛いくらいの悲しみというか、とにかく深い悲しみなのだと思います。
最後の戦いで、ドゥの頭の中を走馬燈のように、修行の日々が巡り、深い悲しみが彼女を襲います。
だからこそ、彼女は強かったのだと思います。
彼女の強さは、悲しみの深さの表れだとも思います。
個人的には、こういう設定は、東映の特撮ぽいなぁなんて思ってます。
だからこそ、好みの分かれる部分なのかもしれませんが・・・・。

category: つぶやき・その他

[edit]

page top

「RagingPhoenix」の魅力

jija_still07.jpg 

前作「チョコレート・ファイター」でジャージャーが演じたゼンは、自閉症であると言うことで、笑顔も少なく、表情も硬い感じで終始していたように思います。
でもそれは、自閉症という症状をうまく表現していたからなのですが・・・・。
また、だからこそ、笑顔のシーンがとても幸せそうに観客の目には映ったと思います。

「RagingPhoenix」でジージャーは、バンドのドラムを担当しているティーンエイジャーの女の子という役柄でした。
作品の中では、自分の感情が抑えられなくて、ボーイフレンドに殴りかかったり、トレーニングをするサニムに悪態をついたり、鏡の前で、はにかんでみせたり、なぞの男に襲われ、恐怖に怯えたり、仲間たちにやさしく微笑んだり、なんでこんなこと言っちゃったんだろうと少し悲しげな表情をしたりと、とにかくいろんな表情を見せてくれます。
中でも、鏡の前でポーズをとってはにかむシーンは、可愛らしく、恋する女の子という、新しい面も魅せてくれます。

また、今回、ダンスと融合したマーシャルアーツが登場します。
前半のB-BOYのバトルは踊るように戦うユニークなものだと思います。
また、まるで2人でダンスをするかのようなサニムとドゥの二人攻撃は、すべてがうまくいっていたとは言い難いところもありますが、試みとしては面白かったと思います。
後半のジャガーとのバトルで、若干段取りが悪く見えてしまったところあって、そこは残念でした。
ですが、ドゥVSジャガーたちの最後の3連戦は、見応え抜群のアクションでした。

是非、スクリーンで、ジージャーのアクション、そして、演技を観てもらいたいです。

category: つぶやき・その他

[edit]

page top

それぞれの国でのBoxOffice

RagingPhoenix800.jpg 

「RagingPhoenix」は、昨年8月12日にタイで公開され、その後、11月に、シンガポールと、マレーシアで、今年の3月に韓国で公開されました。
そのときの成績ですが、タイでは初登場2位→4位→6位→12位→圏外、マレーシアでは、6位→6位→8位→圏外、シンガポールでは、6位→9位→20位→圏外、韓国では、初登場33位でした。
上映館数の違いなどもありますから一概には言えませんが、前作の「チョコレート(邦題:チョコレート・ファイター)」に比べるとどの地域も成績が低めでした。
タイでは前作があまりにも大ヒットだったので、比較してしまうと、「RagingPhoenix」の成績は低いということになってしまうと思います。
あと、公開されている国の数も、前作の方が多いことは確かです。

BoxOffice(RAGING PHOENIX)
・・・・タイ、マレーシア、シンガポール
BoxOffice(DEU SUAY DOO (RAGING PHOENIX))・・・・韓国

さらに、タイでは、初登場2位ということでこんな記事が書かれました。
そのときの1位は「G.I ジョー」でした。
Jija gunned down by G.I. Joe

 
前作の「チョコレート(邦題:チョコレート・ファイター)」のBoxOffice

国名公開日BoxOffice
タイ(2008. 2. 6)1位→1位→2位→6位→15位→23位→圏外
香港(2008. 4.17)2位→3位→14位→圏外
シンガポール(2008. 5.15)4位→6位→7位→9位→圏外
マレーシア(2008.10. 9)3位→5位→12位→22位→24位→24位→圏外
台湾(2008. 9.26)13位→圏外
日本(2009. 5.23)圏外

category: お知らせ

[edit]

page top

監督 ラシェーン・リムタクン

200972814565414.jpg  
「RagingPhoenix」の監督は、本作が監督3作目となるラシェーン・リムタクンさんです。
これまでの監督作品は、「Romantic Blue (1995)」、「4 Romances (2008)」です。
どちらも日本未公開です。
また、映画プロデューサーとしては、「Bangkok Haunted (2001)」、「Sagai United (2004)」、「Bangkok Loco (2004)」 、「Necromancer (2005)」、「Ahimsa: Stop to Run (2005)」という作品に関わっています。
監督、プロデューサー以外の仕事として、ジージャーの前作「チョコレート・ファイター」の編集を担当しています。

「RagingPhoenix」の撮影後、Baa-Ram-Eweを離れて、GMM GRAMMYで仕事をされているようです。(タイのサイトより)

category: お知らせ

[edit]

page top

「RagingPhoenix」のアクション

Jija-SDD_25.jpg 

「Raging Phoenix」のアクションでは、マーシャルアーツとダンスがうまく融合されていたと思います。
B-boyの面々のアクションはそれぞれの得意なダンスなどを取り入れたものだったようですし、ジージャーとカズのペアコンビネーションでのアクションは、まるでアクロバティックなソシアルダンスを見ているかのようでした。

UK版のBDに収録されているインタビューの中で、監督やアクション指導をした人から、これまでにないアクションを生み出そうとしたという話が出ています。
そういう意味でも、意欲作だと思いますし、価値のある作品だと思います。
「チョコレート・ファイター」の時とは違うスタイルのアクションをするジージャーの姿をスクリーンでもう一度観てみたいです。


category: つぶやき・その他

[edit]

page top

「จีจ้า ดื้อ สวย ดุ」から「ジージャー:頑固に、美しく、猛々しく」へ

015.jpg 

「จีจ้า ดื้อ สวย ดุ」をちゃんと見たのは、タイ版のDVDでした。
109分間、画面に釘付けでした。
タイ語のみで、字幕のない映像でしたので、入ってくる情報は、目と意味のわからないタイ語の語感だけでした。
それでも、109分はとても濃厚で有意義な時間でした。

その後、内容が知りたくで、英語字幕のついているマレーシア版のDVDを購入しました。
字幕を訳して、内容を知りました。
そして、今年、大阪アジアン映画祭で、日本語字幕の「ジージャー:頑固に、美しく、猛々しく」を観ました。
これまでぼんやりとしか理解出来ていなかったことまで、はっきりと理解できました。

思ったのは、理解が深まると、面白さも深まるということでした。
タイ語の時には、演技の印象だけで色々と思い巡らしていたことが、英語字幕で、それぞれの関係などが分かり、さらに、アジアン映画祭で「ジージャー:頑固に、美しく、猛々しく」を観たときには、細部まではっきりして、シーンの持つ意味に、心が揺り動かされました。
 
私は、やはりこの作品を日本語字幕でもう一度観たいです。

category: つぶやき・その他

[edit]

page top

RagingPhoenix OFFショット

raging_phoenix_off.jpg 

この写真は、ギャングのボス、ジャガー・ロンドンを演じたルンタワン・ジンターシンさんのサイトにあったものです。
とても和気藹々とした写真で、撮影時は、とても雰囲気良かったのではないかと思わせる写真です。
左上の写真と右下の写真は、ジージャー、ルンタワン、サニムの恋人役のSAROCHA RUAMPAOTHAIさんです。
右上は、ジージャー、ジャガー・ロンドンの部下を演じたマーク・ニー・ホアン、SAROCHA RUAMPAOTHAI、ルンタワン、後ろにカズが写っています。
左下は、ルンタワンとジージャーです。ジージャーが着ているのは、映画の衣装です。
 
ルンタワン・ジンターシンさんですが、1995-2003年タイの柔道ナショナルチームに所属していました。
現在は、ボディービルダーとして活躍しています。
身長は、ジージャーと同じ162cmです。
ですが、ボディービルダーということで、体格に関してはジージャーよりもかなりがっしりした感じに見えます。

category: つぶやき・その他

[edit]

page top

タイでの映画公開時のイベント 5

RagingPhoenixthaibodygusrd.jpg


映画が公開された、昨年8月12日には、「How to protect yourself from mugger for woman(護身術)」と言うイベントが Paragon Cineplex.で行われました。

タイのサイトに掲載された記事です。
ชื่อกระทู้: สู้จริง แกร่งจริง ฝึกเป็นผู้หญิง “ดื้อสวยดุ” กับ จีจ้า


○สอนป้องกันตัว โดย จีจ้า
そのときの映像です。



更に、9月19日にSiam Paragon Hallで行われた「Entertainment Expo 2009」というイベント内で、ジージャーがアクションの披露をしています。

Entertainment Expo 2009 Thaiのスケジュール表には、9月19日の14時から「Talk & Show :Ranging Phoenix & Stunt Show By :Saha Mongkol」と書かれてありました。


○Jija Yanin in Entertainment Expo 09
そのときの映像です。



インタビュー記事(タイ語)"จีจ้า ญานิน วิสมิตะนันท์ "


タイのいくつかのイベントではパワーライザー(「Raging Phoenix」で敵が足につけていたもの)の実演もあったようです。

category: プロモーション・映画祭

[edit]

page top

タイでの映画公開時のイベント 4

RP_Presspreview.jpg



昨年8月11日に、12日の映画公開に先駆けて、Raging Phoenix Grand Openning PreviewがSiamParagonで行われました。.


そのときの模様が描かれているタイのサイトの記事です。(タイ語で書かれています)
เวิลด์พรีเมียร์ “จีจ้า ดื้อสวยดุ” สุดคึกคัก กว่า 2,000 คนแรกในโลก 
ร่วมสัมผัสความ มันส์ ยิ่งใหญ่ แปลกใหม่ สมการรอคอย
เซอร์ไพรส์ศัตรูตัวร้ายแชมป์วูซูจากฝรั่งเศสบินตรงร่วมงาน


Jija Yanin : Raging Phoenix Grand Openning Preview
グランドオープニングプレビューの際の映像です。



category: プロモーション・映画祭

[edit]

page top

タイでの映画公開時のイベント 3

  Matb.jpg 

ジージャーは、昨年8月1日に、Central World Mallで行われた「Martial Arts Trickz Battle」に参加しています。
タイのサイトに掲載されている写真などからすると、審査員のような立場だったのかもしれません。

タイのサイトの記事です。
ดวลเดือด สนั่น เซ็นทรัลเวิลด์ กับ กิจกรรม“ดื้อ สวย ดุ Martial Arts Trickz Battle”
สู้ไม่ถอย  แดนซ์ไม่หยุด  จีจ้าทึ่ง!!! มันส์กว่านี้ไม่มีอีกแล้ว


○งาน Martial Arts Trickz at Central World
そのイベントの映像です。


また、8月8日には、 バンコックの「The Mall Bang-Ka-Pi 」と「Major Hollywood」で、映画のプロモーションイベントがあったようです。
下の画像は、そのイベントのポスターです。

matb02.jpg  mas01.jpg

 

category: プロモーション・映画祭

[edit]

page top

タイでの映画公開時のイベント 2

12call.jpg 

映画のプロモーションでは、アクションを求められることの多いジージャーですが、このイベントもそんな一つだと思います。
このイベントは、昨年7月27日に行われた 「One-2-Call! ID showcase」というイベントです。
イベントの中で、映画の宣伝活動として、ジージャーとカズたちがアクションを披露しています。
(One-2-Callとは・・・タイの携帯通信会社、AIS(ADVANCED INFO SERVICE PLC.)が提供しているプリペイド携帯電話サービスの名称です。) 

○จีจ้าใน one-2-call id showcase
(イベントの際のアクションの映像です。音が割れています。)

category: プロモーション・映画祭

[edit]

page top

タイでの映画公開時のイベント 1

RagingPhoenixThai01.jpg 

タイでは映画公開前から、いくつかプロモーション活動がありました。
その一つが昨年7月16日にエスプラネードでイベントが行われたイベントです。
このイベントでは、アクションのデモンストレーションを披露した後に、質疑応答があったようです。

イベントの際のアクション部分の動画です。
(Youtubeには、アクション以外の部分の映像もアップされています。)
○Jija @ ESPLANADE CINEPLEX (Raging Phoenix debut) part -1
 


タイのThaiFilmJournalというサイトに掲載された記事です。
Jija spins, swings and sizzles in Raging Phoenix demonstration

別のタイのサイトの記事
เปิดตัว “จีจ้าดื้อสวยดุ” แท็คทีม4นักสู้ โชว์สุดยอดแอ็คชั่นใหม่
“TRICKZ ผสมB-BOY” จีจ้าฝึกเต้นอย่างหนัก   “เต้นไป-สู้ไป”
พร้อมระเบิดความมันส์กับภาพตัวอย่าง “จีจ้าดื้อสวยดุ” ฉบับสมบูรณ์

category: プロモーション・映画祭

[edit]

page top

韓国での「RagingPhoenix」の公開

韓国では今年の3月25日に映画が公開になりました。
韓国で、「RagingPhoenix」の紹介をしているページです。
公式サイトのようなものは作られていないようでした。
ちなみに、韓国語でジージャー・ヤーニンは「지자 야닌」と書くそうです。

映画のポスター                
southkoreaposter.jpg   

映画のチラシ(表)              (裏) 
handbill01.jpg      handbill02.jpg 

○韓国の予告編
映像は、タイのものをベースに作られているようです。タイの予告編に比べると長さが
半分くらいに短くなっています。
韓国語の字幕が入っています。




○韓国で作成されたハイライトシーンの映像
韓国語の字幕が入っています。この映像は韓国のみのものです。

category: RagingPhoenix

[edit]

page top

マレーシア、シンガポールでの「RagingPhoenix」の公開

昨年、11月にマレーシア(11/5公開)とシンガポール(11/19公開)で「RagingPhoenix」が公開になりました。

配給を手がけた会社 RAM Entertainment

RAM Entertainmentのサイトにある「RagingPhoenix」の紹介のページ
予告編の動画もあります。英語字幕がついています。

マレーシア版ポスター      シンガポール版ポスター
 RagingPhoenix-Malaysia.jpg         RagingPhoenix-singapore.jpg

category: RagingPhoenix

[edit]

page top

賛同メッセージにご協力をお願いします

このブログでは、ジージャー・ヤーニンさん主演の「RagingPhoenix」が日本で上映されるように活動しています。
まだまだはじめたばかりの活動ですが、より多くの方からの賛同メッセージがいただけるように活動していきたいと思っています。
賛同メッセージは、掲示板☆ ジージャーの「Raging Phoenix」を日本で観たい !!賛同メッセージ☆のスレッドへ書き込みをお願いいたします。
いくつものスレッドに分かれてしまわないようにスレッドの統一をしたいと思います。
実際どれくらいの数が集まるといいのか分かりませんが、「ハングオーバー」は、ツィッターで2500人のリクエストで公開になったと聞きましたし、「ファンボーイズ」は、1100人ほどのリクエストで、公開が決まったと聞きました。
何人集まれば必ず公開になるというものではないと思いますが、やはり、数百に規模の署名なり、メッセージなりがないと、配給会社などへはなかなか働きかけるのは難しいのかなぁとも思っています。
ただ、ジージャー・ヤーニンさんは「チョコレート2」の撮影を日本でする予定があるそうなので、彼女が来日するころに、映画の上映が決まっていたらよりいいなぁと個人的に思っています。

みなさんのご協力をお願いいたします。
こればっかりは1人では出来ませんので。

category: お知らせ

[edit]

page top

映画のタイトル

「Raging Phoenix」のタイでのタイトルは「จีจ้า ดื้อ สวย ดุ」でした。

「จีจ้า ดื้อ สวย ดุ(読み:ジージャー ドゥ スワイ ドゥ)」 ですが、タイ語の意味は「ดื้อ=強情な、頑固な」「สวย=美しい、美麗な」「ดุ=獰猛な、荒々しい」です。
英語表記では「stubborn, beautiful and fierce」と書かれることも。
邦題の 「ジージャー 頑固に 美しく 猛々しく」は、タイのタイトルを訳したものになります。
ひねりがないと言えば、それまでなのですが・・・・。

これまで公開されたところでは、マレーシア(公開タイトル:Raging Phoenix)、シンガポール(公開タイトル:Raging Phoenix)、韓国(公開タイトル:레이징 피닉스 RagingPhoenix)となっています。
韓国のタイトルですが、「RagingPhoenix」の韓国語表記が「레이징 피닉스」です。
ですので、韓国ではタイトルが韓国語表記と英語表記で併記されていることになります。

また、いくつかの映画祭でも上映されていますが、映画のタイトルは、「RagingPhoenix」が使われています。
日本をのぞけば、海外では「RagingPhoenix」のタイトルで公開されているようです。

category: つぶやき・その他

[edit]

page top

「RagingPhoenix」のオリジナルサウンドトラック

「RagingPhoenix」のオリジナルサウンドトラックとして発表されている曲は2曲あります。

1曲は、予告編などでも流れているBuddha Blessの「YOUNG-WAI」という曲です。
アクションシーンなどにとてもマッチする曲だと思います。
そしてもう1曲は、Namcha Chiranatが歌う「แลกกับการได้รักเธอ(LAK-KAB-KAN-DAI-RUK-TER)」という曲です。

まだ本編を見ていないときには、この曲がてっきり映画のエンディングで流れる曲だと思っていました。
もし、この曲が映画のエンディングで流れたら、また違った印象を持っていたかもしれしれません。

そして、最初、映画を観たときには、かかっていないと思っていたNamcha Chiranatが歌う「แลกกับการได้รักเธอ(LAK-KAB-KAN-DAI-RUK-TER)」ですが、何度か映画を見るうちに、映画の最初の方で、ドゥが住む家の映像からドゥが映るまでのあたりで、鼻歌のような感じで流れていることに気がつきました。
あと、ドゥが草むらに倒れ込むシーンにも同じようにかかっていました。

映画のOSTとしては、予告などにも使われていることもあり、Buddha Blessの「YOUNG-WAI」の印象が強いです。
その分、「แลกกับการได้รักเธอ(LAK-KAB-KAN-DAI-RUK-TER)」は、印象が薄い気がします。
しっとりとしたいい曲ではありますが・・・。

○MV ยังไหว (จีจ้า ดื้อสวยดุ)


○แลกกับการได้รักเธอ น้ำชา ชีรณัฐ(LAK-KAB-KAN-DAI-RUK-TER)

category: 予告編

[edit]

page top

活動バナーを作りました

この活動が少しでも多くの人に伝わるといいなぁと思って、活動バナーを作りました。
ダウンロードしてお使いください。
サイトやブログなどに貼って下さると、嬉しいです。

JijaRagingPhoenixbanner01



JijaRagingPhoenixbanner02 

タグ: <a href="http://jijaragingphoenix.blog112.fc2.com/"><img src="○○○○" border="0"></a>

"○○○○" の部分は、それぞれ違ってくると思います。
ご利用のサイト、ブログのヘルプなどでバナーの張り方をご確認ください。


一体どれくらいの人の声が集まればいいのかも分かりませんが、1人でも多くの人に「RagingPhoenix」のことを知っていただき、さらに、映画を観たいという声が少しでも多く集まればいいなぁと思っています。

category: お知らせ

[edit]

page top

「RagingPhoenix」について

jija_still13.jpg 

この作品は「チョコレート・ファイター」で主演したジージャー・ヤーニンの主演第2作目にあたります。
昨年、日本で「チョコレート・ファイター」が公開される際に、来日したときは、「RagingPhoenix」の撮影を数日抜けての来日でした。
映画が完成し、タイで公開されたのが昨年の8月12日でした。

「チョコレート・ファイター」では、16歳という設定年齢で、実際見た目も10代の女の子に見えました。
「RagingPhoenix」では、ティーンエージャーということで、少し実年齢に近づいた役がらになります。

また、「RagingPhoenix」では、これまであまり見られいないようなアクションに挑戦しています。
B-Boyの面々のhip-hopダンスを取り入れた動きのあるアクションや、ジージャーとカズの2人で行うアクロバティックなアクションです。
「チョコレート・ファイター」が物語とアクションで魅せる作品だったとすると、「RagingPhoenix」は、物語よりもよりアクションを楽しむ作品になっていると思います。 
そして、前作のZenとはちがう表情豊かなジージャーを見ることの出来る作品でもあります。

category: RagingPhoenix

[edit]

page top

「RagingPhoenix」あらすじ

9952_6617_[ww_hh]
「RagingPhoenix」のあらすじ

ロックバンドのドラマーのドゥ(ジージャー・ヤーニン)は、バンドの演奏中に、彼氏の浮気現場に遭遇する。
そこで一悶着起こしてしまい、バンドをクビになってしまう。
母親とはうまくいかず、父はすでにいない。
自暴自棄のドゥは、酔っぱらって、ひとり街をさまよっていた。
そんなドゥに、ギャングたちは目をつけ、さらおうとする。
ドゥ自身は、気づいてはいなかったが、ドゥは、ギャグたちが探す特別な理由を持った少女だったのだ。

ギャングにさらわれそうになったところをサニム(カズ・パトリック・タン)とその仲間たちに助けられる。
ドゥは、なかば好奇心から、メイライユットという武術をサニムたちから学びはじめる。
そんなサニムたちには、ギャングたちに、恋人や妻、妹をさらわれてしまった過去があった。
好奇心から始まったドゥの行動は、彼女の新しい運命を切り開いていく。

簡単なあらすじではありますが、途中までです。
話も、アクションも、実際に目で見て感じて欲しいので。

<<こちらのページを元にウィキペディアに投稿しました。(あらすじは、タイ版のDVDを見て書きました。)>>

category: RagingPhoenix

[edit]

page top

今、「RagingPhoenix」を日本で観るには

現在まだ、日本では公開予定がたっていません。
「Raging Phoenix」を観る為には、海外のDVDもしくは、BDを購入することになります。
発売されているのは、タイ版DVD、VCD、マレーシア版DVD、シンガポール版DVD、UK版BD、DVD、そして、9月にUS版BD、DVDが発売になります。

海外のDVD、BDにはリージョンコードがあります。
ですので、そのままでは、日本の機器で観られない場合があります。
また、タイ版は、タイ語オンリーで字幕はありません。
マレーシア版には英語字幕がついています。
UK版にも英語字幕がついています。
たぶんですが、US版にも英語字幕がつくと思います。

語学に堪能な場合はいいですが、そうでない場合、日本語字幕もしくは、日本語吹き替えがないと、映画そのものを楽しめないように思います。

大阪アジアン映画祭で、日本語字幕版を観たときには、隅々までくっきりと物語を楽しむことが出来ました。
是非とも日本語字幕での劇場公開をしてもらいたいです。

category: DVD,BD

[edit]

page top

「RagingPhoenix」のポスター

「จีจ้า ดื้อ สวย ดุ กัน(RagingPhoenix)」のポスター画像です。
ポスターは4種類あります。
最初に発表されたものは、その後に発表された3枚とはイメージが違います。
もしかしたら、はじめ映画の方向性は、できあがったものは別の方向を向いて
いたのかもしれません。
そんなことを思わせるポスターの図柄だと思います。

☆最初に発表されたポスター

Raging_Phoenix_Poster_01.jpg  



☆その後発表されたポスター

Raging_Phoenix_Poster_04.jpg    Raging_Phoenix_Poster_03.jpg    Raging_Phoenix_Poster_02.jpg

       

category: お知らせ

[edit]

page top

ジージャー・ヤーニン・ウィサミタナン(プロフィール)

ジージャー・ヤーニン・ウィサミタナン
名前ヤーニン・ウィサミタナン
(Yanin Vismitananda/ญาณิน วิสมิตะนันทน์)
愛称ジージャー(JiJa/Jeeja/琴嘉/จีจ้า)
生まれ1984年3月31日 バンコクのドクター・パンヤ・ホスピタル
 (Dr. Panya General Hospital)で生まれる。
学歴カセン・バンディット大学 (Kasem Bundit University)
映画・デジタル学部
宗教信仰仏教
身長162cm
趣味映画鑑賞、読書、音楽鑑賞、眠ること
好きなスポーツムエタイ、テコンドー、カンフー
好きな男優ニコラス・ツェー、ジェット・リー
好きな女優カレン・モク
好きな映画のジャンルロマンティック・コメディー、アクション
好きな映画『モータル・コンバット』(1995)
『ゴッド・ファーザー』(1972)
『ALWAYS 三丁目の夕日』(2005)

愛称のジージャーは、タガログ語でヴァイオリンの意味。 母の友人が名付けたそうです。
幼い頃は体が弱く、体力をつけるために11才でテコンドーを習い始める。 12才で黒帯を取得、14才でインストラクターになる。 1996年のバンコク・ユース・テコンドー大会では金メダルに輝き、翌97年には国家が 育成するテコンドー強化選手にも選ばれている。
18歳で父親が亡くなる。家計を支え、学費を捻出する為に、高校3年生の時、パンナー・リットグライ監督のアクション映画「七人のマッハ!!!!!!!」のオーディションを受ける。
そこで同映画のプロデューサーを担当していたプラッチャヤー・ピンゲーオに見いださ れたジージャーは彼の監督作品である「チョコレート・ファイター」の主役に抜擢された。 「チョコレート・ファイター」の撮影に至るまでの4年間はみっちりと基礎トレーニングを 積み、更に撮影には2年ほどの歳月がかかっている。
 
◎出演作
2002年タルームプック/迫りくる嵐(英題/Taloompuk)
第1回アジア海洋映画祭イン幕張(2005)にて上映。
2008年チョコレート・ファイター (英題:Chocolate、原題:ช็อคโกแลต) 役名/ゼン
2009年3月13日大阪アジアン映画祭2009オープニング上映
2009年5月23日より日本公開
2009年Raging Phoenix 原題/จีจ้า ดื้อ สวย ด(Due-Suai-Du))
2009年8月12日よりタイにて公開
2009年11月5日よりマレーシアにて公開
2009年11月19日よりシンガポールにて公開
 2010年 (邦題)ジージャー:頑固に、美しく、猛々しく Raging Phoenix 3月11、14日、
大阪アジアン映画祭にて各1回ずつ上映されました。
 레이징 피닉스-RagingPhoenix 3月25日から、韓国にて一般公開されました。 


加筆することもあるかとは思いますが・・・。

category: つぶやき・その他

[edit]

page top

「Raging Phoenix」の予告編

「Raging Phoenix」の予告編は2種類あります。
最初に出てきた短いバージョンのものと、その後のフルバージョンのものです。
ジージャーのアクションのすごさは、映像を見ていただいた方がより分かると思います。

○Movie Trailer จีจ้า ดื้อสวยดุ



○RAGING PHOENIX Trailer with English Subtitle

category: 予告編

[edit]

page top

ブログを立ち上げるきっかけ

劇場公開をリクエストして大ヒット作品をつくろうと言う記事を読みました。

そして、これまでに劇場公開リクエストが行われた作品のページを見ました。
映画「ハングオーバー」劇場公開を絶対に求める会
「Fanboys(ファンボーイズ)」日本公開を目指す会ブログ
「Fanboys(ファンボーイズ)」日本公開を目指す会
ジェイ・チョウの『言えない秘密』を日本で観たい!ブログ
そして、現在活動中のジェット・リーの『海洋天堂』を日本で観たい!
 
どのサイトも作品への愛にあふれていると思いました。

記事を読み、他の作品のサイトを見て、以前は漠然と思うだけだった「RagingPhoenix」を日本の劇場で観たいという思いがさらに募っていきました。

少しずつ準備をして、今日、8月12日に立ち上げることにしました。
8月12日は、昨年、タイで「Raging Phoenix」が公開になった日です。
日本でも映画が公開されることを願っています。

category: つぶやき・その他

[edit]

page top

劇場公開リクエストブログを立ち上げました

はじめまして、ジージャーの応援ブログ「ハートは元気」を書いているNAOといいます。
今回、ジージャー主演の「Raging Phoenix」の劇場公開リクエストブログを立ち上げることにしました。
この作品は、「チョコレート(邦題:チョコレート・ファイター)」に主演したジージャー・ヤーニンさんの主演第2作目になります。
昨年8月12日にタイで公開され、その後、11月に、シンガポールと、マレーシアで、今年の3月に韓国で公開されました。
日本では、今年の3月に大阪アジアン映画祭で、上映されました。
日本での上映はこれだけです。
DVDの発売もありません。

あのアクションはスクリーンで観てこその迫力ですし、「チョコレート・ファイター」のゼンとは違うジージャーが見られる作品でもあります。
この作品を是非とも劇場で上映してもらいたいと思っています。
まだ、はじめたばかりのブログですが、掲示板やオンライン署名などで、賛同して下さる方を声を集められたらと思っています。
タイのサイトでは「チョコレート2」の制作が決まったことや、全編日本でロケする予定であることなどが書かれていました。
ジージャーの今後の作品が、劇場で見られるようになる為にも、今回は、声を上げていきたいと思っています。
よろしくお願いいたします。

category: お知らせ

[edit]

page top