ジージャーさんの「出演映画」を日本で観たい !!





07/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31./09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[edit]

trackback: -- | comment: --
page top

「チョコレート・ソルジャー RagingPhoenix」の日本語字幕

2009728145717533.jpg
今年、DVD化された「RagingPhoenix」、タイトルは「チョコレート・ソルジャー RagingPhoenix」となりました。
吹き替えはなく、日本語字幕のみでした。
日本語字幕から得る情報はとても多いと思っています。
この作品をタイ語オンリー、英語字幕、日本語字幕と見続けて、日本語字幕で見ることで分かることも多かったのです。

ですが、DVDの日本語字幕がとても気になるのです。
大阪アジアン映画祭での日本語字幕とは違っているのだと思います。
大阪アジアン映画祭では、固有名詞であるメイライユットは、そのままメイライユットとなっていました。
DVDで、ひどく臭うお酒もドブ酒というような訳だったと記憶しています。
DVDの訳は違います。
メイライユットは、泥酔拳と名付けられ、ひどく臭うお酒は、うんこ酒と名付けられていました。
なんだか名前の付け方に品がない気がします。
原作の雰囲気を壊してしまうそんな名前の付け方に感じるのです。

更にピッグシットとドッグシットの関係です。
この2人の関係は兄弟のはずです。字幕では親友となっていました。
この2人は、ドッグシットの妻が殺されてしまったとは言え、血の繋がった肉親がいる。
その対比で、サニムには、奪われた妻こそが、唯一の繋がりを持った人で、そのたった1人の妻を奪われたサニムの深い悲しみが表現されるシーンだったはずなのですが・・・。
そして、それぞれのキャラクターの言葉づかいも大阪アジアン映画祭とは違う気がします。

このDVD、字幕版を見ていると、端々で引っかかって作品そのものを楽しめないのです。
できれば、大阪アジアン映画祭の字幕で作品を再度見てみたいです。

タイの方に「チョコレート・ファイター」でも、訳が違っている部分がいくつかあったと聞きました。
字幕が正しくない、もしくは、あまりいい訳でないと、作品そのものを台無しにしかねないと思います。
作品のいろんな部分に気を配って訳をつけていただきたいなぁと思いました。
スポンサーサイト

category: DVD,BD

[edit]

page top

「チョコレート・ソルジャー RagingPhoenix」が届きました!

Chocosol_DVD02.jpg

一日早かったのですが、27日に、「チョコレート・ソルジャー RagingPhoenix」のDVDが届きました。
レンタルは、10月7日からだったので、既にご覧になっている方もいると思います。

改めてこの作品を観て思うのは、映画の出来と、作品が好きというのは、必ずしもイコールではないのだなぁと言うことです。
もう一つのブログ「ハートは元気!」で何度となく、この作品の感想を書いていますが、正直な感想は前作を超えていないです。
映画の出来は決して、よくはないと思います。
ですが、この作品は、これまでにない試みをしていることや、ジージャーのいろんな表情が見られることなど、評価できる点もある作品だと思っています。
そして、この作品は、主演作としては、2作目です。
現在、3作目は、4月にタイで公開済み、さらに助演になりますが、4作目も11月3日から韓国で公開になります。
彼女の出演作が10本くらいになったときに改めて、この作品がどんなものだったかというのがはっきりするのではないかとも思います。

私は何よりもこの作品が好きです。
まずは、多くの人に観てもらえたらなぁと思っています。
「チョコレート・ファイター」とはひと味も二味も違うジージャーを観て欲しいですし、これからの作品への軌跡も観て欲しいと思っています。


追記(2011.10.30)
★お願い★
セルDVDを買われた方、中に、『東宝株式会社 映像事業部行』のはがきが入っていたと思います。
是非、要望や意見を書きましょう。次回何か作品がDVD化されるときに、こうして欲しい、こうあって欲しいと言うことを伝えましょう。
このはがきは直接伝える事が出来る手段の一つです。

category: DVD,BD

[edit]

page top

クロックワークスのHPに情報が載りました

ChocolateSoldier.jpg 


クロックワークスのHPに「チョコレート・ソルジャー」のページが出来ていました。
映像特典に関しては、先日、東宝映像事業部さんからのツイートもあったのですが、下記のものが入ります。
現時点で、吹き替えに関して情報がないので、吹き替えはないのだと思います。

・メイキング
・インタビュー(監督、ジージャー、カズ・パトリック・タン)
・オリジナル予告編

2011年10月28日 発売開始
2011年10月7日 レンタル開始

クロックワークスHP チョコレート・ソルジャー

「チョコレート・ソルジャー」でジージャーと共演したカズ・パトリック・タンが出演している「マッハ!ニュー・ジェネレーション」のページも出来ていました。
こちらの作品は、発売、レンタルとも9月2日です。
トニー・ジャーの作品や、ジージャーの作品などで、スタントをつとめいる人たちが、主演している作品です。
アクションは、たいへん見応えがあります。
この作品について、現在発売されている「映画秘宝」の10月号で、ギンティ小林さんが記事を書かれています。

クロックワークスHP マッハ!ニュー・ジェネレーション

この記事は、「ハートは元気」にも掲載しています。

追記(2011.9.2)
発売元の東宝のサイトにも情報が載りました。
チョコレート・ソルジャー

今日発売の「マッハ!ニュー・ジェネレーション」ですが、発売元のポニーキャニオンのYoutubeチャンネルに日本版予告編ともいえる映像がアップされていました。
ベースはタイの予告編です。
でも、キャプションが今ひとつのように思います。

category: DVD,BD

[edit]

page top

「チョコレート・ソルジャー」のDVD、こんなんだったらいいなぁ

ChocolateSoldier.jpg
「チョコレート・ソルジャー RagingPhoenix」のDVDが10月28日に発売になることが決まりました。
ですが、まだ、詳細については、どこにも掲載がないようです。
なので、勝手に要望というか、こうだといいなぁと言う希望を書いてみようと思います。
「チョコレート・ソルジャー」DVD特典映像の希望ですが、
 
1.「RagingPhoenix」USA版BDなどの海外版BDやDVDに入っていたのと同じメイキングの映像を入れて欲しい。
トレーニングの様子や、お茶目なジージャーの姿が見られるので、是非ともこれは入れてもらいたいです。

 2.「RagingPhoenix」USA版BDなどの海外版BDやDVDに入っていたのと同じインタビュー映像を入れて欲しい。
ジージャー、カズ・パトリック・タン、ルタワン、ラーチェン・リムタラクーン監督、アクション監督のトップさんの5人は是非とも入れて欲しい。
可能なら、B-Boyの3人も入れてもらえると嬉しい。
ラーチェン・リムタラクーン監督、アクション監督のトップさんのインタビューは、作品の解説している部分があるので、作品への理解が深まると思います。

3.ジージャーの吹き替えの声は是非とも小清水亜美さんでお願いしたいです。
まだ、吹き替えが付くかどうかもわからないのですが、つくのであれば、是非とも小清水さんでお願いしたいです。

4.タイのオリジナル予告編、ショートバージョンとロングバージョンの2つを入れて欲しい。
日本語版予告編は「マッハ!参」みたいなのだったらいらない。
でも、「チョコレート・ファイター」みたいなのだったら是非作って欲しい。

あと、DVDは、10月に発売されるのだけど、やっぱり、ジージャーをスクリーンで観たい。
期間限定、一夜限りでもいいので、スクリーンで観られる機会を作って欲しい。

そして、「チョコレート・ソルジャー」のキャッチコピーは、「泥酔拳に世界が酔いしれる!」なのだそうです。
チョコレート・ファイター」は、「この蹴りに世界がひれ伏す!
「メイライユット」=「泥酔拳」って事なんだろうけど、『泥酔』と言う言葉ってイメージが悪いと思うし、かっこよくない気がするんですよね。
「泥酔拳」じゃなくて「彼女の闘いに」に酔いしれたいです。

category: DVD,BD

[edit]

page top

日本版パッケージ

ChocolateSoldierPackage.jpg
ジージャーの作品の日本でのパッケージの基本カラーは、赤になるようですね。
「チョコレート・ファイター」の時も赤いパッケージでした。

そして、ジージャーのポーズ。
今回のパッケージのポーズは、タイのオフィシャルサイトにあった壁紙に似ています。
写真のように、二つの写真を合わせて、手の角度を変えたものが、「チョコレート・ソルジャー」のパッケージになったようです。
ちょっと不自然な気もしないではないのですが・・・・。

パッケージは、その商品の顔になる部分ですが、国によって様々です。
また、メニュー画面など作りも様々です。

タイ版(外)    ragingphoenixThaiDVD-s.jpg

マレーシア版  Raging Phoenix-Malaysia Version01

シンガポール版 ragingphoenixDVD.jpg                 

UK版       ragingphoenixUKBD.jpg

USA版       RagingPhoenixUSBD-s.jpg                

フランス版    SANY0034.jpg

追記(2011.8.10)
タイのDVDパッケージ(内)  RagingPhonixthaiDVD.jpg

タイのVCD            RagingPhoenixthaivcd_20110810161734.jpg

category: DVD,BD

[edit]

page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。